月別アーカイブ / 2015年12月




こんばんは!(((o(*゚▽゚*)o)))

布施日花梨です!



{14E9C120-1CB9-4C79-9B09-7567C2F3E7C0:01}



2015年も残りあと数時間で終わります!

2015年は愛を感じる年でした。

その理由は2つあります。

1つ目は、学業面です。

今年は高3なので受験生でした。

受験に向けて、どうしてもいきたい学校だったため、親は塾に通わせてくれました。
そして、塾の先生と私の受験に向けての戦いが始まり、受験勉強に稽古と重なった時は大変でしたが、受験勉強を頑張りすぎたためかな?本番の3日前くらいに体調くずしてしまい、熱がでてしまいましたが、結果無事合格することができました。


私が、合格できたのは、親をはじめ、家族、マネージャー、塾の先生、ファンのみなさんの応援、メンバーの支え、友達の支え、たくさんの方々が私を支えてくださったからだと思います。みなさんの、想いが伝わり、無事合格することができたと思います。


二つ目は、舞台です。

ハーベストは改めて恵まれてる環境の中にあると感じました。

春公演では、聖ちゃんという役をやらせてもらい、いまの自分の人生と重なる部分があったため、辛い面もありましたが、聖ちゃんを愛せたのは、自分が強くなったからできたことだと思います。

夏公演では、妙子さんと8の使いという変わった役でしたが、2人の役を考えるときに、視野を広げ、たくさんの人をみました。世の中には、どんな人がいるのだろうと。妙子さんも8の使いも自由に遊んでいいと言われていたので、学んだことを最大限にいかしました。自分は、一皮向けた気がしました。


冬の特別公演では、絵里ちゃんという子と由乃ちゃんという子の役をやりました。
特別公演は、演出も脚本もメンバーだったため、
どんな子なのか明確にしていきました。そして、その子だったら、どんな感情なのだろうか、周りをどう見ているか、基礎から考え、みんなにも相談しながら役を考えていきました。


以上のことから、舞台というものは、自分を成長させるだけではなく、周りにも大きな影響を与えているというところが素晴らしいと改めて感じることができました。

ハーベストは、愛されてる。

ふとそう思いました。

愛されていなかったら、自分は今ここにいない。
お芝居の楽しさ、素晴らしさを実感することはなかったのだろう。


だから、今年は愛を感じる1年でした。

来年は、もっと視野を広げ、いろんなことに率先していきたいなと思います!



{F71599DB-D01B-4EAE-8A5C-E3A02FF69208:01}
それでは、みなさん、よいお年を~✨


こんばんわ。
松永ミチルです!




{180054E9-FFED-4007-A528-64E2678EF0D9:01}














皆さん、2015年もたくさんの応援ありがとうございました!


皆さんに沢山救われたし、沢山勇気をもらいました。


感謝の気持ちでいっぱいです。


本当にいつもありがとうございます。




今年は、

明日の君とシャララララから始まって、

MIRACLE8

季節外れの収穫祭~Are you ready for New Year's Eve?~


と、進化した姿を見せ続けられたと思ってます。



特にMIRACLE8では、自分を変えられたというか、新しい自分を発見できたというか、なんというか!!

一皮脱皮することができました。


なので2015年は自分にとってとっても大きな1年になりました。



2016年も新しい自分を発見できたらいいな。




いつも応援してくださる皆さんに、進化する姿を見せたい。



皆さんに恩返し出来るよう、松永もっと頑張ります!!!



2016年も劇団ハーベスト、松永ミチルを宜しくお願いします。





(冬の公演については次のブログに、ゆっくりと書きたいと思います^ ^ お楽しみに。)


{BB42E231-D2F4-4BA4-AED0-09863F05EA2D:01}









それでは皆様、よいお年を!



松永ミチル

今晩は、青山美郷です。

今日って、大晦日なんですね。
他人事のようですが、本当にそれくらい実感がありません。
今年は、去年の倍のスピードで一年が過ぎて行ったので、心の準備が整わないまま年が明けそうです。
だからと言って焦ることなく、これはこれで今の状態を楽しんで今日一日を過ごそうかなと思っているんですけどね。


さて、私は今小説と戯曲を抱えて、雨の中関西弁が飛び交う地元に帰っているのですが、今年のことを少しばかり振り返ろうと思います。個人ブログのネタが尽きない程度に、、、


先ずは春、役の器の広さに中々近付けずもがいた 劇団ハーベスト 第七回公演「明日の君とシャララララ」から始まり、夏には一生私の心の深くに力強く残り続ける作品 ベッド&メイキングス「墓場、女子高生」との出会いがありました。
墓場の直後に稽古へ入った 劇団ハーベスト 第八回公演「MIRACLE8」では、劇団員始め色々な人達に支えられて舞台に立つことができ、秋には、初めての商業演劇「タンゴ、冬の終わりに」に挑戦させていただき物凄く社会勉強になりました。
そして、つい最近クランクアップした来年四月放送予定のNHK 木8ドラマ「鼠、江戸を疾る」では、初のレギュラードラマにしてヒロインという大役を務めさせていただきました。

文字に起こすと、今年一年は有難いことに、切れ目無くお仕事をさせていただいたことが分かります。
楽しい・嬉しい・悔しい・哀しい、色々な気持ちになったり、役としても自分自身としても新しい経験を沢山させていただいたり、去年の何倍も多くの方との出会いがありました。
ですがその分、周りにいる人達に不安な想いや哀しい想いをさせてしまったこともありました。


来年はどんな年になるか分かりませんし、その前に明日がどんな日になるかも分かりません。
なので、大晦日だろうが元日であろうが、"今"を精一杯生きて、感謝の気持ちを常に持ち、心の何処かでずーっとふざけていたいと思います。劇団としても青山美郷としても面白い作品を届けられる一人になる為に。
それが今日の目標でもあり、来年の目標でもある気がします。



個人ブログのネタが尽きないようにお話しようと思いましたが、書き始めたらやはり長くなってしまった、、、。
あ、一つ思いついたので、これは後ほど個人ブログでお話したいと思います。



兎にも角にも、今年劇団ハーベストに暖かい声援を送ってくださった皆様、本当にありがとうございました。
一人でも多くの方と、毎年「良いお年を」「明けましておめでとうございます」という挨拶を交わしたいので、来年2016年度も私達と劇場やそれ以外の空間で色々な気持ちを共有していただけると嬉しいです。
{352B8A9E-8525-465A-836E-F33853CA5561:01}
(最後にあえてこの写真を。感極まっている瑠菜を見る私。何とも言えない失礼な顔をしているような。)




皆様とのご縁に感謝いたします。



それでは今日はこの辺で。
良いお年をお迎えください。
次はミチル。





映画「TOKYO CITY GIRL」

映画「ボクは坊さん」
http://bosan.jp/theater/

映画「犬に名前をつける日」
http://www.inu-namae.com/sp.html

青山美郷 個人ブログ

↑このページのトップへ