月別アーカイブ / 2016年06月

★ ディナーカロリー ★

以前に、食材探求プロジェクトで、関西ならではの「出汁」と「」を勉強するため、
滋賀県まで遠征したのは記憶に新しいですが、そこで出会ったのが、近江ちゃんぽん

IMG_0178
滋賀県で50年以上も愛され続け、滋賀のソウルフードのひとつにもなったご当地グルメは、
長崎ちゃんぽんとはまったく違うキャラクターでしたが、その直営店が東京23区に初上陸
(以前にフランチャイズが学芸大学にもあったようですが、本丸が攻めてきたのは今回初)

IMG_0179
【メニュー(クリックで拡大)】
場所は水道橋から徒歩5分くらいのところで、大通りを歩いていたら見つけてしまい…

IMG_0187
【近江ちゃんぽん(780円)+半チャーハンセット(300円)】
このあとモツ焼きを食べようと思っていたけど、これは運命とばかりに前菜の一杯です!

IMG_0192
再会を果たした近江ちゃんぽんは、豚骨ベースの白濁した長崎ちゃんぽんとは違い、
魚介ベースの黄金スープで、それを注文を受けてから豚肉や野菜と一緒に煮込むもの。

IMG_0195
なので、豚肉の野性味も少し出てるけど、あくまでベースは魚介系の慈悲深いスープ♪
出汁文化の関西だからこそ生まれた、いくらでもイッキ飲みできそうな癒し系です(笑)

IMG_0197
そこに、中華鍋で炒めるのではなく、手鍋で煮込み、出汁を吸わせた野菜がたっぷり乗り…

IMG_0199
ちゃんぽん麺ではない、中太ストレートな自家製の中華麺が、黄金スープと絡みます!
どことなくタンメンに近いけれど、野菜炒めのタンメンよりも、さらに優しいイメージ。

IMG_0180
しかも、卓上にはヤカンがあり、ヤカンは薬缶と書くことを小説で学んだばかりですが…

IMG_0202
まさに薬の缶と言っても過言ではない、ヤカンからヘルシーなをスープに投入すると…

IMG_0203
さらにサッパリと優しい味になってしまい、んもうバファリンくらい半分以上が優しさに!

IMG_0181
しかし、そんなにヘルシーに振りきっていたら、フォーリンガリさんになっちゃうので…

IMG_0200
ここぞとばかりに半チャーハンで追カロリーしてみると、パラッとしながらもどっしりと。

IMG_0204
まぁ、チャーハンはそんなに特筆すべきところはなかったので、マストではないですが…

IMG_0206
次回はぜひとも近江ちゃんぽんを、食欲のままに2杯食べる荒行をしてみたいところでした。

そんなわけで、嬉しい再会のあとは、このまま痩せちゃわないようモツ焼きをハシゴします☆


【こんなときにココで太りたい!】
*滋賀県のソウルフード・近江ちゃんぽんで癒されてみたいとき。
(ちなみに入口に「銀座店も7/7オープン予定」と書かれていたのでそちらも要チェケラッ)

▼ instagram投稿

滋賀で50年以上の歴史をもつご当地グルメ「近江ちゃんぽん」発祥の【ちゃんぽん亭】がついに都心に上陸! ダシ文化の関西が生んだ、タンメンのようなちゃんぽんの秘密を知りたくて、わざわざ滋賀まで行ったのが懐かしい(笑)やさしい黄金スープ健在! #水道橋 #ちゃんぽん亭 #近江ちゃんぽん #ヘルシーだから #夕飯の前菜 -------<English> "Champon-Tei", the cradle of Shiga's local food "Omi champon" that has been there for over half a century, finally opened a store in downtown! It made me remember that I went to Shiga all the way to reveal the secret of Omi champon -like Tanmen noodles- originated in Kansai of broth culture. Now the gentle golden soup can be tasted here, too! #japan #tokyo #suidobashi #champontei #omichampon #yummy #foodpic #foodstagram

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)が投稿した写真 -



=====コチラもお願いします!====
 instagram  twitter  / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント         
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
     
====================

関連ランキング:ちゃんぽん | 水道橋駅九段下駅神保町駅

★ ディナーカロリー ★

最近はますます食べログの総合点の信頼性が低くなってきたので、最近の使い方としては…

IMG_0080
昔から提唱しているように、3.0〜3.3点の間に眠っている名店を掘り起こしに行ったり、
ニューオープンでソートして、まだ投稿されていない新店の中から嗅ぎ分けて行ったり。

IMG_0081
IMG_0082
IMG_0083
【メニュー(クリックで拡大)】
そんな中からDEBUのアンテナに引っかかり、気になって突撃したのが「炭醐(たんご)」。

IMG_0084
【お通し(500円)】○
銀座の「A4-A5 BEEF BAR」の2Fにあり、同じくA4-A5の肉を使っているようなので、
系列っぽいですが、こちらは肉ビストロではなく、牛肉を串焼きで食べるというスタイル。

IMG_0088
まずは野菜スティックを、明太子マヨネーズで童心にかえったデブがデップしながら…

IMG_0090
【牛肉たたきのサラダ(800円)】◎
前菜ならぬ前肉として牛肉たたきサラダを頼んでみると、、ローストビーフぷりたつ!

IMG_0093
しっとりなめらかなローストビーフは、旨味が抜けたようなパサついたものではなく、
脂がノりながらも口溶けの良い脂感と肉々しさがあるので、こりゃあハイレベルです♪

IMG_0095
サラダで思わぬ収穫を得ながら、さっそく看板料理らしき、牛肉串を攻めてみると…

IMG_0097
【おまかせ10串 2人前(3500円×2)】◎
でっかい丸い器に8種類の串笹の葉が盛りつけられ、これは見るからにフォトジェ肉!

IMG_0101
串が四方八方にのびている、まさに「肉時計」のようなビジュアルに興奮しちゃいます。

IMG_0104
IMG_0105
IMG_0103
どれも素材をそのまま串に刺しました、というより、ちゃんと一工夫がされていて…

IMG_0109
炭火LOVE派のDEBUにとっては嬉しいことに、真っ赤に熱を帯びた炭火で焼き上げるので…

IMG_0111
【モモ(セット内)】
余分な脂が落ちて旨味も凝縮するので、これならいくらでも食べられちゃいそうです!

IMG_0112
【燻製タン(セット内)】
赤身のモモで肉本来の味を噛みしめ、燻製タンでスモーキーな香りも楽しみながら…

IMG_0115
【コンニャク(セット内)】
自家製のコンニャクは、フォアグラと白味噌を合わせたタレで、優雅にカロリーオン♪

IMG_0117
【ナカニク(セット内)】
炭火は熱が強いので、放っておいたら串まで焦げちゃうので気をつけないとですが…

IMG_0119
【ハツ(セット内)】
そうやって、半個室風のムーディーな店内で、きゃっきゃ言いながら焼くのは楽しいもの。
残念ながら妻&娘とでしたが(笑)初心に戻って、なんだかデート気分で太れちゃいます。

IMG_0122
【タケノコ&ハチノス(セット内)】
醤油漬けしたハツを辛味噌で引き締めたり、タケノコハチノスで食感の違いを感じたり…

IMG_0126
【ハラミ(セット内)】
おまかせ10本セット(@3500円)にしましたが、これなら30本くらいイケちゃうYO!

IMG_0130
【肉と酒盗の餅米ハンバーグ(セット内)】
笹の葉にくるまれた一品は、笹が真っ黒に焦げるまで焼いてくださいと言われるので…

IMG_0141
じっくりゆっくり待って焼きあげると、笹の中で香りに包まれながら蒸されたことで、
酒盗ハンバーグが鼻を抜ける風味が加わり、餅米効果もあってモチモチな口当たりに。

IMG_0143
【朴葉焼き(セット内)】
おまかせ10本セットのラストは、飛騨高山のご当地グルメを彷彿とさせる朴葉焼きで…

IMG_0146
朴葉にのせた赤味噌の上で肉を踊り焼きするので、濃厚な赤味噌というドレスをまとい…

IMG_0148
思わずオンザライスしたくなるほどの美味しさなので、誰もがデブリシャス!と唸るはず!

IMG_0131
【和牛そうめん(600円)】○
メニューを見ると白米は置いてないようなので、大至急、〆炭水化物で我を取り戻すべく…

IMG_0134
【和牛の雲丹軍艦 2個(600円×2)】◎
冷や汁の肉版のような和牛そうめんとともに、和牛の雲丹軍艦ですぐさま追カロリー!

IMG_0135
格之進でも出会ったウニの肉巻きは、最近ブームになっている肉×ウニの代表格とも言え…

IMG_0142
レアめに仕上げた肉を、優雅なウニがソースのように包み込み、やはり相性バツグン!
しかもこのお店では、醤油をジュレにして忍ばせているのが、ニクらしいテク肉です♡

BlogPaint
というわけで、土日の家族連れをお店が快諾してくれたので、心置きなくファミリーデブトレ!

量は少なめで銀座価格ではありますが、ちょっとずつ美味しく楽しめるエンタメ牛肉串でした☆


【こんなときにココで太りたい!】
*自分で焼き上げる牛肉串はもちろん、肉サラダから始まり、肉ウニ軍艦で締めたいとき。

▼ instagram投稿

焼鳥の牛肉バージョンを楽しめる銀座【炭醐】へ。卓上の炭火で、和牛の串を自分で焼きあげるスタイル。なにげにどれも味付けが凝っていて、ちょこっとずつ食べ比べられるので女性ウケしそう☺️ #銀座 #炭醐 #たんご #串焼き #先々月にオープン #ちょっと新感覚 -------<English> Visited "Tango" where serves beef in yakitori form. You can charcoal-grill a skewered beef by yourself on the table. Every skew has its own unique flavor and comes in a small portion, this place is probably good for girls☺️ #japan #tokyo #ginza #tango #kushiyaki #opened2monthsaho #newwave #yummy #foodpic #foodstagram

フォーリンデブはっしーさん(@fallindebu)が投稿した写真 -



=====コチラもお願いします!====
 instagram  twitter  / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント         
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
     
====================

関連ランキング:居酒屋 | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

★ イベントカロリー ★

最近は、来週の日本テレビ「スッキリ!!」でまたオススメ肉を紹介させていただくなど… 

IMG_9187
脂もノりはじめてきたDEBUですが、今度はグルメコンテストの審査員もやってきました。
それは、日本郵政さんが運営する「かんぽの宿 料理コンテスト グルメアワード全国大会」。

47
正直、「かんぽの宿」のことをあまり知りませんでしたが、誰でも泊まれるようで、
宿がある全国50ヶ所の地域=8エリアから勝ち抜いてきた宿による、決勝戦が開催です。

IMG_9262
そんな栄えある場の審査員を、服部幸應先生、食べあるキング仲間のあおい有紀さん
料理研究家の柴田真希さんと一緒にさせてもらい、身に余る光栄、いや、身に余る脂肪!

IMG_9188
地方予選から勝ち抜いた8つの宿は、一関、鴨川、磯部、焼津、恵那、有馬、湯田、阿蘇。

IMG_9192
会場は服部栄養専門学校で、料理を作る過程から、ライブキッチンで審査するわけですが…

IMG_9194
服部幸應先生の厳しいまなざしでチェックされたら、そりゃあ職人さんは緊張しそう(笑)

IMG_9196
毎年開催していて、第6回となる今回のテーマは「五感で楽しむ秋の料理」ということで…

IMG_9230
視覚や味覚はもちろん、特に「嗅覚」にもこだわった料理が勝ち抜いてきたとのこと。

IMG_9198
【有馬:海鮮湯けむり蒸し】
しかもそれぞれの宿の料理は、今年10/1〜11/30の「五感で楽しむ秋の料理フェア」で、
実際に各宿で提供されるようなので、コストやオペレーションなども考える必要があり…

IMG_9199
そんな難易度が高い料理コンテストの作品たちを、いざこれから実食の審査開始です!

IMG_9200
まず最初の、有馬温泉が有名な「有馬」は、温泉の湯けむりのように湯気があがる蒸し物で…

IMG_9202
DEBU的には痩せちゃう野菜をどかしてみると、中には鮑・蛸・ロブスターなどがゴロゴロ。

IMG_9204
香りの良い山椒味噌をつけると、風味と旨味がプラスされ、途中の味変もバッチリです♪

IMG_9206
【鴨川:海老と鮑のカダイフ包み 選べるソース】
千葉県の「鴨川」は、海の街ということもあり、海老を食材として用いていて…

IMG_9208
海老のすり身鮑の酒蒸しカダイフで包んで揚げるという、パリパリ食感が楽しいもの。

IMG_9210
2種類のソースを投入すると、熱せられた器から音が鳴り、聴覚も楽しくなるのがポイント。
(ちなみにテーマが秋なので、カダイフをサツマイモの細切りで作ったらより美味しそう)

IMG_9212
【阿蘇:秋の恵み 阿蘇カルデラ焼き】
地震で休館中だったけど復活を果たした「阿蘇」は、がんばろう熊本!の文字が添えられ…

IMG_9213
その紙を取ると、中には野菜、海老、牛肉、揚げ餅などの色とりどりの食材でカラフルに!

IMG_9217
カルデラ焼きと称したこの料理は、土鍋に塗られた味噌がじょじょに食材と絡んでいき…

IMG_9218
食材の美味しさを味噌で引き立て、同時に食欲もかき立てられるので、白米が欲しいYO!

IMG_9219
【一関:杉板三種 香焼き】
個人的にも去年3回くらい行った岩手の「一関」は、大自然が豊かな森の都なので…

IMG_9220
その特性を活かして、食材を杉板で包み、稲や銀杏を配して山を感じさせるビジュアル。

IMG_9224
見た目の美しさはもちろんのこと、杉板の中に何が隠されているかというドキドキ感と…

IMG_9228
杉の香りをまとって輝きを増したいわて南牛ホロホロ鳥などの、岩手食材が光ります♪

IMG_9232
【恵那:美濃けんとん角煮 馬鈴薯あん トリュフの香りパリパリ食感ライスペーパーの中に】
こちらもプライベートで鮎を食べに行ったことのある「恵那」は、岐阜県の南部にあり…

IMG_9233
そこの地物である美濃けんとん豚を使った料理が出てきましたが、、なんなのこれ!?

IMG_9235
と思ったら、パリパリのライスペーパーを割ると、中から料理が出てくるという仕掛けで…

IMG_9236
とろんとろんで甘味の立った馬鈴薯あんに、これまた口溶けの良い角煮という合わせ技!
バラ肉なのでジューシー感があり、それを馬鈴薯が優しく包み込むバランスがステキです。

IMG_9237
【湯田:ふくの白子プリンと拘りの出汁】
山口県の「湯田」は、その名のとおり温泉の湯が有名で、山口と言えばフグなので…

IMG_9239
フグの白子を濃厚なプリンに仕立て、ウニクコの実などを散りばめた華やかな一品に。

IMG_9241
プルンとした白子プリンにいろいろな食感が合わさることで、飽きること無く食べられます♪

IMG_9242
【磯部:上州牛とパンプキンの青朴葉蒸し】
さぁ、残りはいよいよ2つに迫ってきましたが、群馬の「磯部」はタジン鍋のフタを取ると…

IMG_9244
ふわっとした香りがあたりに立ちこめ、中には上州牛のゴボウ巻き柚子カボチャが。

IMG_9245
柚子をくり抜き、バジルなどを和えたカボチャの練り物を入れるという職人技に加え、
にはあらかじめ味噌を塗ってあるのは、肉だけに、ステキなテク肉(ニック)です♪

IMG_9246
【焼津:しぞ〜香 秋の焼津味三昧】
さぁ、そしてラストのトリを飾るのは鶏料理ではなく、静岡県「焼津」の海鮮料理で…

IMG_9249
焼津港はマグロの名産地なことから、オシャンティーに盛りつけられたマグロの大トロを…

IMG_9253
鉄板で軽く焼き目をつけて食べる料理ですが、塩麹に漬けてあることもあり、旨味が抜群!
そのままやタレでも良いですが、個人的にはタレで照り焼きにしたらデブリシャスでした♡

IMG_9254
というわけで、以上の8つの料理が決勝の場に並んだわけですが、、金賞は「阿蘇」に!
そして銀賞は「一関」、銅賞は「恵那」になりましたが、かなりの接戦で白熱のバトル。

IMG_9256
銅賞に輝いたシェフが金賞を穫れなくて悔しがっていたりと、現状に満足することなく、
常に上を向いて切磋琢磨しているシェフたち全員の熱意に、金賞を差し上げたい気分でした。

ちなみに、DEBUはこの週末も滋賀にグルメ遠征してきましたが、やはり旅は食メインなので、
こうして宿のグルメが充実してくれるのは嬉しいかぎり。来年は食材として参加を目指します☆


=====コチラもお願いします!====
  instagram    twitter   / facebook 
securedownload
 ↑LINE公式アカウント         
*駅名入れるだけでオススメ店を自動返信
      
====================

↑このページのトップへ