image
どうも。



さて、



image
先週行ってきた栃木県は日光市のキタヤマ模型店( 記事はこちら )でこの山積みの中から見つけてきたのが、



image
フジミ模型の「プラビナ」。
そう、雛人形のニッチプラモである。
おそらく昭和からずっと棚で眠り続けていたのだ。
側面は日焼けしていたのだが、そのぶん店主のおじさまがレジで安くしてくれて
当時価格より遥かに格安で買う事が出来た。
絶版プレミア価格という言葉はキタヤマ模型に存在しないのだ。ありがとう。




フジミ模型の雛人形といえば、以前紹介した記事がこの↑↑モデルだが、
今回栃木で見つけたのはその豪華版。


image
-大きさ比較-
でかい。
スケールは共に同じだが圧倒的に大きい、そして重い。

image
ちなみに箱の写真は実物大である。


さてさて、


なぜこんなに箱が大きいのかといえば…


image
-立派なショーケース付き-
これが飾られていたらもはや誰もプラモデルだなんて思うまい。


ただ、この雛人形、とても難易度が高く、

人工毛から切り揃えて作るのは序章に過ぎず、最大の難関は着物の柄が全て塗装任せだということ。


image
信じられるかい? この柄、デカールではなく塗るんだよ。

難易度高めといえば蛍( 記事はこちら )もあったが、このプラビナもなかなかのものだ。

どれだけの塗装技術を必要とするのか。
軽い気持ちで手を出したら大変な事になるニッチプラモなのである。


《ニッチプラモとは》
カテゴリー分けすら難しいニッチ(隙間市場)な需要を持つプラモデル。
これまでのニッチプラモはこちら





 


この夏、多くのお声をいただき2年ぶりに再演決まりました。回によって新作もあります。(これから書きます)
老若男女でお越し下さい。
日時: 2016.8.13(土)&14(日)
場所: l'atelier by APC(渋谷)
 
音楽劇
「しあわせな王子」
「マッチ売りの少女」

エンドケイプ(脚本)
中川瑞葉(ピアノ)
タケシズHONDA(音楽)

栗生みな
高野光平

Phot by 戸田麻子


詳細は追ってまた。

朗読劇の概念を壊しますのでお楽しみに。


Ciqdg_EUgAAeZaV
メンズジョーカー連載更新です。
今回は一箇所のみ縁取りに見えるプラモ制作。リンク先からどうぞ。

 


コラムバックナンバーはこちら→「エンドケイプの脳内カテゴリ

 


やって来ました栃木県日光市。

そして、

一度訪れたかった模型屋さん。


キタヤマ模型店へ。


その目的のひとつが…


-なんということでしょう-

ここはコスモスの自販機が現役稼働しているのだ。
たまらんよ。


いざ店内へ。


この雑多な感じ最高。
お店のご主人といろいろ話しながら店内探索。

すると…

こ、これは⁉︎

以前の記事(3月3日のプラモデル)でも紹介したニッチプラモ、フジミの雛人形プラモデル「プラビナ」がっ!
しかも持っているのと別バージョンで欲しかったやつだ。
ずっとこの場所にあったのだろうな…スゲェ。
色褪せが一周して美しい。


-迷わず買う-
札幌時計台と合わせてふたつ購入。
箱とてもでかいのに。
栃木県にいるのに。

見て、この雛人形プラモのでかさ。
でもいいんだ。
楽しかったから。
それにしても、やはり傾いてるよね、コスモス…


《ニッチプラモとは》
カテゴリー分けすら難しいニッチ(隙間市場)な需要を持つプラモデル。
これまでのニッチプラモはこちら 


キタヤマ模型
栃木県日光市中鉢石町887 

01
てるさん恒例イベントでした。
もう10回目。
そして今回は初登場(ロフトプラスワン自体も初めて)の小林恵美さんがゲスト。

うん、なんか新鮮。

02
てるさんは相変わらずクリームソーダ。なんというか文学的なものを感じる。
それはそうと初の平日開催でしたが、満員に。
平日だけあって、今回が初めてというお客さんも多く前半はおさらいを含めての基本的なトークで、 後半はお馴染み村田らむさん登場でドン引きトーク。


03
帰りに家系ラーメン食べて寝ました。
みなさまありがとうございました。

そして、まりこふんさんも遊びに来てくれました。


 

Photo by Masakiyo Tanaka

image
ものすごくミリタリー系を作りたい衝動に駆られて
近頃深夜になるとちょっとずつイギリスのSASジープを作ってます。


image
フィギュア塗装に時間をかけてしまうんだけど、
そういう時のパレット代わりに付箋が便利。
裏まで染みないし、洗う必要もない。
めくればどんどん次のパレットが出てくる訳で色の混ぜ合わせ等にも個人的におススメ。

さて、

ドランクドラゴンさんMCのTOKYO MX「ゴッドエンジンTV」番組HPに僕の記事が載っていました。
謎の男エンドケイプ - サブカル革命 GODENGINE(ゴッドエンジン)
ちなみにこの番組に近く再登場します。

 

line
5月14日公開「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」と公式コラボしました。
一作目が大好きな作品なので、非常に光栄でございます。




neer1516_fix
本日、
NEER~ニア~がワーナーより、2ndシングル「Driving Force ~真夜中のスプートニク~」をメジャー・リリースしました。



1200x630bf
今回も作詞をしています。
いろいろな意味や想いを込めて書きました。
応援宜しくお願いします☆

ワーナーミュージック・ジャパン Driving Force ~真夜中のスプートニク~(CD+DVD)
 

↑このページのトップへ