image
hearrという個人放送アプリで「逃亡者のプール」という配信を始めることになりました。
ちょうどラジオ的な配信をしたかった時に、運営様より良いきっかけをいただいた訳で感謝でございます。 
月額360円で有料部分もありますが、無料配信もあるので是非スマホで聞いてください。

テキストではなく、〝音声〟だからこそ話せる内容もあるのでどんどん配信してゆきます。

ツイッター( @endcape )もやってます。 

miku8
本日8月25日初音ミクProject DIVA- X HD発売です。

そしてその収録曲でもある作詞した…

 
LOLがなんと今日で公開7年を迎えました。
7年ですよ7年。
7年続く友情は一生ものだっていうくらいだからねぇ。

こんなに長く多くの人に聴いていただけるなんて嬉しい限り。
と、いう訳で今後ともLOLを宜しくね。

ツイッター( @endcape )もやってます。 


-言葉はいらぬ-

と、いう訳で本日のブログはみんな大好きニッチプラモのコーナー。
今回は餃子のプラモ、
ホビーリンク・ジャパンのオリジナル商品「プラギョーザ」である。このパッケージ、スーパーの冷凍コーナーに置いてあっても違和感ゼロだ。


そんなプラギョーザ
これをニッチプラモと呼ばずに何を呼べばいいのだと思わせるほど唯一無二のプラモデルだ。

だって餃子のプラモだよ。

耳を疑うでしょ?

さっそく覗いてみましょう。



-中身-
見事な餃子の4個入り。
この成型色、白ではなく絶妙に透ける半透明パーツだ。
これがこのプラギョーザの恐ろしいところで、要するに具材の肉塗装と皮の焼き具合塗装次第でかなりリアルな餃子に仕上げる事が可能な訳だ。
焼き面以外の皮を無塗装にする事で中身の存在感を出せる仕様になっている。



ほら、きちんとこんな文言まで。

この半透明パーツの具合がとても良い感じなので逆に皮は全て無塗装で
水餃子に仕上げる手もある。

完成見本が旨すぎる、イヤ、巧すぎる。
こんなの置いてあったら食べてしまう。
ラップに包んでもリアルだ。


ちなみにこの販売元のホビーリンク・ジャパンの所在地は栃木県。
あ、察し…

そして、


よくある注意書きもプラギョーザだと妙に奥深く感じてしまうのだった。

ホビーリンク・ジャパン https://hlj.co.jp/

《ニッチプラモとは》
カテゴリー分けすら難しいニッチ(隙間市場)な需要を持つプラモデル。
これまでのニッチプラモはこちら

ちなみにこのプラギョウザは8月27日BS日テレで放送される中川翔子さんの「マニア★まにある」(再放送)でも登場予定です。

image
-昼の部-
去年(記事はこちら)に続きアリスインデッドリースクールパラドックスのトークショー司会でした。
ありがとうございました。



image
 -夜の部-
この舞台が多くの人に愛される理由が判る、そんな回でした。
文字通り「舞台裏」の話とか。



ツイッター( @endcape )もやってます。 

13891979_1225839040792007_2969652909432618397_n
司会をする9月1日ロフトプラスワンで行われるまりこふんさんの出版記念トークライブ「古墳にコーフンするためにはにわのキモチになってみよう!」の打ち合わせで東京国立博物館に行きました。

イベント詳細予約→ http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002195391P0030001


14064105_1225839067458671_6049674317953339084_n
ゲストで出ていただく東京国立博物館考古室の河野さんと。
背後のはにわは国宝。


こイベントは面白くなる予感。
古墳好きとはにわ好きは是非!

image
まりこふんさんの本も先行販売するよ。



 

↑このページのトップへ