僕は今年から「ASC運動教室」というスクールを立ち上げて、インラインスケートを使った運動の指導を本格化しました。
  
この数ヶ月でたくさんの生徒さんと出会いました。中には、毎日スケートを滑ることが日課となった子ども達もいます!
 
新しい生徒さんに出会う度、インストラクターの仕事が好きなんだと実感しています。自分の練習時間は極端に減ったけれど…、それでもいま一番やりたい事がASC運動教室での指導です。
 
生徒の皆さんは新しいことを学んだり、新しいことが出来るようなると目がキラキラして自信を持ちます。それは子どもだけじゃありませんよ、大人だって同じです。
 
僕の仕事はスケートを通じて人に自信を持たせること。そして人生に期待と希望を与えてワクワクさせることです。それは、昔インラインスケートが僕に与えてくれたもの。
 
僕にとって次の挑戦が始まっています。
 
ASC運動教室

_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4665.JPG

今日は少し大切な未来のお話をします。
誰にとって大切な話?
 
…それは、きっと今現在お子さまをアクションスポーツのトップアスリートに育てようと頑張っているお父さんやお母さんが対象になるかと思います。
 
まず、私たち安床ブラザーズが世界大会に初めて出場したのは1995年の夏のことです。後の2000年の"X Games" VERT競技でワンツーフィニッシュ達成を機に兄弟揃って「世界チャンピオン」と呼ばれるようになりました。
 
『この21年間、2人揃って世界の最前線で戦い続けられたのには何か秘密があるのですか?』…などとインタビューでは質問されることがありますが、当時の我々に特別な練習メニューやプランがあったわけではありません。私たちの両親もきっと今の皆さんのように手探りで必死だったのです。
 
親として子どものやる気を起こすことに努めてみるも、練習が上手く進まないと見ているこっちまでイライラしてきてつい厳しくなり、子どもがやる気を失うとまた新しいやり方を探る、といったことの繰り返し。練習に付き合うといっても決して楽に見ているわけではなく、親としてエネルギーもお金もたくさん使ってるんだ…お前はそれをわかってるのか!
 
…といったご両親の愚痴が聞こえてきそうです。。笑
 
我々、安床家だって同じ道を歩んできました。
親が手探りなら子も必死…!特に運動能力に自信のなかった僕は自分自身を追い込み過ぎて、スケートが怖くなったり、憎くなったりもしました。(当時住んでいたマンションの最上階からいっそ飛んでしまった方が楽になるのではないか?と考えることもあった程、自分を見失いそうな時期もありました…)
 
そこから色々あって自分自身の形でスケートを楽しむ方法を見出すことに成功し、今に至るわけですが、ハッキリ言って奇跡でした。
 
今では、これまでの苦しみ、失敗、成功、工夫、出会い、また経験してきた全てのことは僕にとって最大の武器となり、講師として大きな知恵と力になっています!
 
話が長くなりましたが…、僕は今年の3月から"ASC運動教室"というスクールを立ち上げ、インラインスケートを使った全身運動「スケート運動」を指導させて頂いております。
 
これまでインラインスケートだけのレッスンを行ってきましたが、本来この"ASC"には「アクション・スポーツ・コーチング」という意味があります。つまり、アクションスポーツ全般のコーチング(指導)を意味しており、来年には新たに海外での強化合宿などの展開を考えております。
 
最高の環境で最高の刺激を受けながら、私安床エイトがこれまでのアスリート生活で身に付けてきたノウハウを使いメンタルトレーニングも行い未来の一流アスリートを育成する目的の海外合宿を計画しておりますので、興味のある方は最新情報をチェックしておいて下さい。世界で通用するアスリートの育て方なら熟知しています。
 
また進展があり次第、ブログやASC運動教室のホームページでお知ら致します。
 
ASC運動教室

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7771.JPG

右腕の手術から1か月以上が経ち、パンパンだった腕の腫れが引き、動きが戻りはじめ、徐々に体重も支えられるまでに回復する中、色々なことがありました。

帰国後にまず再開したのがASC運動教室のインストラクターです。
「先生大丈夫?」とたくさんの生徒さんから声をかけていただきました。ご心配おかけしました…ごめんなさい。でも、ありがとう。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7955.JPG

次に再開したのがジャンプ台を使った「ジャンプショー」のお仕事。
あれは正直、時期的に腕に対して不安があったものの、ロールスロイスを飛び越える企画を見事にクリア!
初めての挑戦が楽しかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7990.JPG

そして、先週末「ハーフパイプショー」の出演も再開しました。
まだ本調子と言える滑りではないけれど、来月予定にある仕事までには滑りも戻します。

ここまでASC運動教室(ASCschool.com)のレッスンと、ショーでバタバタしておりました。感謝です。

↑このページのトップへ