DIV

2016.1010.
日比谷野外大音楽堂にてDIVは解散しました。

来てくれた方ありがとう。
来れなかった方はDVDで当日の映像を見てください。

「確かに、終わってしまった。」
どんな形でも、それを自分の目で見て欲しいです。

始まりは2012年の4月13日。
雨の夜でした。

終わりは2016年の10月10日。
肌寒い夜でしたね。

積み重ねた想いは数え切れない。
本当に。

僕がDIVに居続けれないと伝えた日は5月4日の夜だった。場所は長野。

長野のライブは、痺れたな。アンコールも鳴り止まなくて。泣いたよ。(通路に隠れて。)

EDRツアーの途中で…、今思えば、EDRツアーが一番泣いていた。(悲しくて?いや、わからないな。ZERO ONEの将吾さんのような気持ちなんだろうか?)

SEASONSで泣く事が多かった。
気づいていた人もいたでしょう。

あの頃は、色々な事があってね。
演奏する度、想い出が蘇って来て。

解散を発表して、日々は過ぎて、リハーサルが始まって、終わった。

他人からしたら、それだけの事だ。

でも、俺にはそれだけの事じゃなかったんだよ。こんなに夢に情熱を注いだ日々とは簡単には出逢えないだろう。

でも、見つけなければいけない。
また、出逢わなければいけないんだ。
何があっても、生きていかなければならないからね。俺も君も。

あの輝いた日々を、もう一度過ごさなければならない。

これはDIVにいたから見つけれた、気づけた事だ。

「ありがとう。」なんて言葉じゃ足らないんだ。君と過ごした日々は、言葉に出来ない。

俺の出来る事。
satoshiに出来る事。

ステージで。音で。
伝えたつもりだよ。

錆びつくくらいなら燃え尽きた方が良い。

DIVは錆びついてなかっただろ?
だから燃え尽きれたんだ。

今までの日々のおかげだよ。

もう、それぞれの道を歩いていて誰がどこに向かって歩くは知らない。

ただ、いつかどこかで会う事もあるだろう。その時に懐かしめるような思い出を作れた事。確かに存在していた事。それこそが、1641日を過ごした意味なんじゃないかな。

解散したら無駄になる?
そんな事はない。無駄になるような時間を過ごしていない。見たもの、聞いたもの、感じた事、君に出逢えた事、全てが生きている。死ぬ事はない。この想いは消える事はない。

これからも歩み続ける。

俺の1641日が。君の1641日が。
もう始まってしまった新しい日々を彩るんだ。鮮明に。鮮明に。

また、君と逢うことがあるなら。
新しい花を束ねておくよ。

進み続ける。
あの頂きに、到達するために。

過ごした日々よ。
叶えた夢よ。
創った音よ。

ありがとう。
さようなら。

20161014.
DIV satoshi.

野音から数日が経って

本当に終わったんだなーって思うと寂しいもので

4年と半年

あっという間だった

最後の演奏で
もうこのメンバーと音を合わせることがないのかーって思いながらの野音でした

苦しいこと
悲しいこと
楽しいこと
嬉しいこと

などなど

いろんなことがありました

DIVとして過ごしてきた大切な思い出です


たくさんお世話になった
ファンの皆様、先輩様、関わってくれたバンド様、スタッフの皆様

全ての感謝を込めて最後のステージに立てて幸せです

ありがとうございました!





たくさんのお花

ありがとうございました!


差し入れも手紙も感謝です

全部読んで皆様の思いも届きました
ありがとう



これからの未来
各メンバーはそれぞれの道を歩くと思うけど
暖かく見守っていただけたらと思います



本当にありがとうございました



DIVのちょびでした


(Ё)



10/10日比谷野外大音楽堂

DIVとしてのラストライブに来てくれた皆さんありがとうございました。


おれがギターを始めてからの年月と比べると、4年半という月日は短いのかもしれません。

しかしDIVとして過ごした間にあった出来事を考えると、やはりとても長く、自分にとってかなり感慨深い期間でありました。


悲しいのは苦手やけん、できるだけいつも通り、アツいライブで最後を締めくくりたい気持ちがありました。

だけど最後どうしても悔しくて悔しくて、涙が出てきてしまった。

後悔ではありませんが、いろいろなことに対する悔しい気持ちで、止められなかった。


でも最後にあんなにパンパンの野音の景色をステージから見せてもらって、本当に嬉しかったです。

お花もたくさんありがとうございます!



皆さんにとっては4年半という期間は短かったかもしれませんが、

ライブに来てくれて、曲を聴いてくれて、会いに来てくれて、

皆さんがいなければ4年半も続けることすら難しかったかもしれません。

本当に今までありがとうございました。

幸せな4年半でした!

↑このページのトップへ