hashimoto-takanori-og.jpg

3月2日(木)、将棋界のアイドル「ハッシー」こと橋本崇載八段が、不正ソフト使用の疑惑で出場停止処分を受けた三浦弘行九段の名誉を回復するため、自身のTwitter上で一兆%無実です。疑ってごめんなさい!などとツイートしています。

ハッシーこと橋本八段、三浦九段に謝罪「一兆%無実です」

橋本崇載八段は、不正ソフト使用の疑いで三浦弘行九段が出場停止処分を受けたことについて、2016年10月13日(木)に奴と対戦した人が不正行為をやられたと憤慨していると聞いたファンには酷な知らせと思うが、個人的にも1億%クロと思っているなどとツイート。

まもなくツイートは削除され私が三浦弘行九段の不正を断定した。という事実はありませんと改めてツイートするものの、その内容は週刊誌などのメディアなどでも拡散され大きく報じられることになりました。

三浦九段の名誉回復のために謝罪

2016年10月20日(木)に発売された「週刊新潮」で「三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを使用している可能性がある」との疑惑を報じ、橋本八段も連盟に処分を求めていると掲載されました。

しかし、後日この報道を橋本崇載八段は否定しています。

のち、第三者調査委員会が2016年12月26日(月)に疑惑の根拠とされたものいずれも実質的な証拠価値は乏しく、不正の証拠はない出場停止処分の妥当性は、七番勝負開幕戦を直後に控えた状況で、連盟所属棋士および公式戦における規律権限の範囲内であり、当時の判断としてはやむを得ないと、三浦弘行九段の不正を否定する会見を開きました。

橋本八段・三浦九段ともにとんだとばっちりだった不正ソフト使用疑惑事件

橋本崇載八段の不用意なツイート(スタッフのツイートだったとも)と、あらぬ疑いで出場停止処分を下され不名誉を被った三浦弘行九段、ともに大きくメディアで報じられたことから、とんだ災難だったこのたびの不正ソフト使用疑惑事件。

なお、橋本崇載八段のTwitterアカウントは24時間以内に削除されるとのこと。

三浦弘行九段の名誉の回復のためにも、不正ソフトの仕様はダメ、ゼッタイ。