月別アーカイブ / 2015年11月



「仮面ライダー参上!」


お盆のある日、人生初とも言える夏休みに浮かれていた。ベビー椅子から敵を倒す妄想をしながら床にジャンプする...というなんとも下らない遊びにハマっていた。

 
「これでもくらえっ!」


そんなセリフはないはずだが、いかにカッコよく飛べるか。そこに全てをかけ飛んだそのとき


ガタッ



椅子の取手に脚がひっかかり、派手に転んでしまった。

その時咄嗟に手を出したのが良くなかったのか



ボキッ



今まで感じたことのないような衝撃が身体に走った。



--------------------





みっ、みじかーーーー!!(来週続編アリ)



そして先週サボってすみませんでしたァ!!!!!






なかなかブログ書く時間なくなく泣く....


いや言い訳なんですけど汗




とにかく僕は動画を最最最最最優先にやってきたいのです!! 





自分が今これをやるべきだ!と思っていることがなかなか出来なかったり、そういうことをうまく皆に伝えられなかったりして、もどかしく思う時もあるのだけれど





人生山あり谷あり!





もっと大きな山見せるからさ

まだまだこんなもんじゃないからさ


これからも見ていてほしいと思うのです。


なんだかモヤモヤする伝え方かもしれないけど


伝わってたら嬉しいなあ。


IMG_3494

 




真っ白な天井が見える。




この静かな部屋に息を吹き込むかのように、そよ風が薄緑色のカーテンをなびかせている。


ちゃぶ台の下で大の字に広げる自分の両手両足を見てこう思った。







「あぁ、お昼寝したんだった」







なんてことはない、平凡な日常の1ページ。



そしてこれが僕がこの世に生を受けて最初の記憶。










これから何が待ち受けているのか、まだ僕は知らない。


いったいどこから自分がやってきて、何のために生きるのか、そんなこと考えもしない。


そんなこと考えなくたって、僕は確かに存在する。






まだ自分の名も知らない僕の人生が始まった。



------------------------------------------





生い立ち1,2ときてもうエピソードって


はやすぎやしませんか(汗)



しかも短いし。。。




でもドキュメンタリー動画を見てたらどうしても

この頃が書きたくなったんよねー


明日木曜日にドキュメンタリー動画第二弾が公開されるのよ。



ちなみに第一弾はこちら






僕の人生や悩みや葛藤、両親や友達や色んな人の意見、関わり。。。

全てがいっぺんに感じる内容で、同じ10分の動画でも

伝えられる内容や感情ってここまで違うんだなと。




僕はまだ道行く途中だし、これを読んでいるみんなもきっとそうでしょう


答えなんてこの歳になったってわからないけど

生まれてきてよかったと思える人生を送りたいものだね!




いや、もう既に思えるかもしれない。


35

 



「ちょっと、お邪魔するよ」



その日僕は幼稚園のある一室にいた。


両手には細長いスティック、足元には銀色のペダル。目の前には様々な大きさの太鼓が並び、両端に立てられた平べったい金属がギロリとこちらを見つめている


僕は人生初の"ドラム"とやらを叩くことになった。



「どうだい、練習は順調かい?」



そう僕に訊ねてきたのはこの幼稚園の園長である。
顔はよく思い出せないが朗らかな笑顔だったような気がする。



「どうしてもスネアとバスドラムが一緒に叩けなくて」



...ある意味これは現在も同じ悩みを抱えているが、当時はより深刻だった。


ドラムを叩くのは僕のはずじゃなかったからだ。



「そうかそうか。でも焦らずゆっくりやってごらんなさい」



オーディションの時点でスネアとバスドラムを同時に打てる子がいた。

実質その子が1番でドラムを叩くはずだったのにその子は辞退して、実質2番だった僕がドラムを叩くことになったのである。

ゆっくりなんてしてられない、そう思っていた。



「それにしてもこの椅子、ちょっと高すぎるんじゃないかい?」



園長は僕の座っていたひょいっといじって僕に渡した。

 

 
「あれっ」



叩きやすい。



どうやら届くのがギリギリだった足元に余裕が出た分叩きやすくなったようだ。

(決して僕の足が短いわけではない)



なんだか一瞬にしてら曇り空が晴れに変わったような気分だった。




「練習めげずに頑張るんだよ。いいね?」


「うん!」


「返事は『うん』じゃなくて『はい』だよ。分かったね?」


「うん!!」












その日からしばらくして、市民ホールで叩くドラムの音は自信に満ち溢れていた。




--------------------------------------------




うん!笑



この頃になってくると記憶がかなり曖昧で、頭の中を何周したことか(^◇^;)

断片的な記憶を繋げる作業は楽しいけど大変だ!笑


まァ、今回伝えたいのはあれだ


物事は角度を変えてみるとひょいっと解決することもあるよってこと!





たぶん






さて、来週は小学校あたり入るのかねー?

まるでタイムスリップしてるかのよう。

出来るだけあの頃の情景や空気を、呼び起こしてあげたい。



思い出すことで、1つの出来事がまた違った角度で見えてくることもあるもんだ。




IMG_2786
 

↑このページのトップへ