この記事は、eeic Advent Calenar 2016 その2、4日目の記事です。
今日はチノちゃんのお誕生日。お誕生日なので抱き枕はチノちゃん。絵はあづみ一樹、2016年コミ1で頒布されたもの。
C360_2016-12-03-16-22-58-754.jpg
チノちゃんとおねんねは最高。でももっともっとチノちゃんを感じたい。そう思ってしまうのはオタクの宿命である。

ちょっと前に、抱き枕をヤバくするライフハックが出回った。
一見最強っぽいが、香水やシャンプーはもともと衣料に吹き付けることを想定していないので、さすがに繊維を傷めたりシミになったりする可能性が高すぎる。オタクの財産は有限なので、なかなかそういった強気の試験を行うことはできない。
そこでとりあえずマツモトキヨシに行ってみると、いろいろな香り付きの柔軟剤がある。確かに香り付き柔軟剤はアリだが、我々の衣服と一緒の香りがついてしまっては「チノちゃんという特別感」がなくなってしまう。
そこで見つけたのが、ファブリックミストである。ファブリックミストであれば、濃さを調整できるし、衣料用に作られているので安全だし、取り回しもしやすい。
僕はランドリンのものを使っている。ランドリンは上品なパッケージと香りが特徴で、中身もシンプルで安心できる。
ほかにもラボンのシャンパンムーンなんかはなかなか良かった。
そもそも柔軟剤の成分をエタノールに溶かしたようなものなので、柔軟剤を入れて洗濯するのとほぼ変わらないはず(と信じている)。あとはお好みの香りを見つけて抱き枕に一吹きすれば、世界が変わる。女の子の香りがする。池袋サンシャイン近くのマツモトキヨシは、テスターが大量においてあるので、そこに行って選んでみるとよいだろう。
繊維が一番弱々しいA&Jのライクトロンでもランドリンのファブリックミストによる弊害は出ていないので、安心してやってみていただきたい。
ちなみに1個500円くらい。やすい。
今後は、このファブリックミストの成分を混ぜ合わせることで、さらにそれぞれのキャラクターをイメージした香りを作れたらよいと思っている。

抱き枕に、さらなる才能を。

ってかこの記事eeicまったく関係ねぇな。
何はともあれチノちゃんハピバ🎂記事でした。