_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3196.JPG
やほっ。



仙台ワンマンお疲れーした!!



この日はもやみがキ-ワ-ドですた。
いや、ハヤト氏的にももやみが何なのかは実はハッキリと分かってなi
でも、何となくは分かる。うん。なんとなく。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3199.JPG
全20本のワンマンツア-。



今でこそ、これくらいの本数を廻るのは体力的にはどうってことないんだけどさ。
そんなありがたい環境の中で毎日前に進みたくて。
それがなかなか難しいもんなんだよな。
一度満たされちゃうとさ、基準がそこになっちゃうから、常に自分たちの中でハ-ドルが上がっていく感覚。
それを人はストイックとか呼んだりするんだろうね。自分達ではあまり気にもしてないけど。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3201.JPG
俺たちは何を求めて音楽をやってるのか。
みんなは何を求めて音楽に手を伸ばすのか。そんな事をよく考える。



どうせ一つの答えが全ての答えにならないのは分かってるけどね、それでも考えるんだ。



鳴らした瞬間掴みたい



それを叶えるために、自分は何ができるだろう。
まだまだ足りない。
もっと作り込めるはずだし、もっと表現できるはずだ。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3200.JPG
「暴れてください。」そう言葉で伝えるのは簡単なことだ。



だけど、もっとあるハズなんだ。
もっと自分を研ぎ澄ます必要がある。
きっとまだまだ伝えれる。



もっともっとみんなの本気を引きずり出せる人間になりたいと思うよ。
誰のファンでも構わない。
同じフロアにいる以上、ハヤト氏の標的は全員だ。



コドモドラゴンとコドラが創り出す空間、あれが好きだからこそ、更にその先に行く。
みんな見ておれ!!



また一つ考えが一歩先へ進んだ貴重な一日だった。
みんなありがとね!!



何十回、何百回と演ってきた曲たちも、まだまだ輝かせれる。
毎回同じであってたまるか!!



またコドモドラゴンの音楽を聴きに来てくれよ。
そして体感しておくれ。
常に音は進化してる。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3197.JPG
また違う次元でやり合おう!!
お疲れ仙台っ!!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3159.JPG
盛岡ワンマンお疲れした!!



すっげー良かった。
良き一日だった!!



色んな想いがSEが流れ始めると同時に全て自信に変わった。
そっからは何の不安もなく、只々目の前のお前らと全力でぶつかり合うだけだった。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3159.JPG
ずっと盛岡でこんなライブがしたいと思ってた。



納得のできる音を創り上げることも、その中で音を聴きとって唄うことも、盛岡のみんなの底力を引き出すことも、あの頃の自分たちには簡単な事じゃなかった。



‘‘何かを取れば、何かが犠牲になる’’そんな事が自分たちのステ-ジ上では起こり続けてた盛岡。



でもこの日はそんなもの1ミリも無かった。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3157.JPG
盛岡のみんなにもたくさん悔しい思いをさせてきたからこそ、この日は失敗するわけには行かなかった。



勿論、どの会場も失敗なんてあっていいワケじゃないけど、その想いがより強かった場所。



自分たちの音楽を伝えきれない事が多かったからこそ、セットリストを組むことにも凄く緊張した。
どうやったら、今作の想いと今までの想いを全て伝えれるか。
すごく個人的な話だし、変な話だけど、今までの全てを巻き返してやりたかったんだ。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3162.JPG
だいぶ待たせたけど「どうも、コドモドラゴンです!!」



みんなの全てを引き出す為にやってきたよ。
これからも全力と全力でぶつかれる空間を創り出してくから、どうぞよろしく。



ファイナルの中野サンプラザまで全力で突っ走ってくから、最後まで全力でついてきてくれな。
あの会場をブッ倒すには、まだまだたくさんの人の力が必要だ。
こればっかりは俺らだけじゃどうにもならない。
だから全国のみんな、どうか駆け付けてくれ。
待ってる!!



はじめての盛岡インストも叶ったし、これからも一歩ずつ確実に前に進もう。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3161.JPG
改めて盛岡ワンマンお疲れ様した!!

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3101.JPG
ひそひそ。















_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3103.JPG
(分かり難くてスンマセン。)





青森ワンマンお疲れした!!





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3093.JPG
よくやった!!
青森のみんな、よくやったぞ!!



お前らはとても勇敢だった。



あの人数であのパワ-を俺らに感じさせる事ができたのは、他でもないお前らだからだ。
心の底から俺らを待ち望んでくれてたのがヒシヒシと伝わってきたよ。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3092.JPG
ほら、見なさいこの荒れ狂う大海原を。



この日はお前らに救われっぱなし、ヤラレっぱなしな一日だったもんで、ハヤトは悔しくて悔しくて仕方なかった。
もっとコドモドラゴンが翻弄してやるような一日を考えてたのに。
まだまだ弱ぇな。ハヤト。



でもね、そんな優しさばかり受け取って帰るわけにゃ行かねぇんだよ。
俺らはお前らにコドモドラゴンのライブてもんを叩き込む為に来てる。
そう、





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3105.JPG
(いつの顔だよ…)



そう、急遽アンコ-ルで曲を追加。
メンバ-、スタッフ、青森クオ-タ-さん、みんなハヤト氏のわがままを受け入れてくれてありがとうございました。



でもね、本当にあの時の気持ちって「大好きなお前らの為にもう一曲やったるわ!!」っていうのじゃなくて「ごめん、なんかもう一曲やりたいからやらせてくれないかい?」ていう、今までとはまた違った気持ちだった。
悔しさも嬉しさも感謝の気持ちもその他諸々全てを超えた上での気持ちだった。



だからこそ、みんなの嬉しそうな悲鳴や表情を見て、俺も嬉しかった。
青森に来れて良かったて思った。





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3088.JPG
自分の中で、今ツア-は上手く行き過ぎてる感があった。



勿論、それは良いことなんだけど、なんていうか、それが怖かった。
上手く行く時もあれば、上手く行かない時もある。人生てそういうもんじゃん。



だからね、いつかダメになる時が訪れるって思ってた。
何も無いのが一番なんだけどね。



それで青森の日、自分の中ではどこか上手く行かない事があったりして(本当に個人的なステ-ジ上での話ね)、あーやっぱりライブて難しいなぁなんて思ったりもした。
でもさ、それとライブが楽しいていうのはまた別の話じゃんか。



何を考えてようと、その時目の前にはお前らがいて、お腹空かせて待ってんだよ。
そしたら、自分のそんな問題はさっさと片付けて、お前らの相手を全力でしたいわけ。
そんな葛藤が多かった一日だからこそ、最後のアンコ-ルに向けてどんどん良くなってく空気感が心地よかった。
葛藤を一日の中で処理できたことも自分の中では成長なんだ。



いつも俺を成長させてくれるのは周りに居るみんなだ。
ありがと。



まーなんて言うか、何をゴチャゴチャ綴ろうと、あの日も最高に幸せだったてこと!!



青森に集まってくれたみんな、ファイナル絶対に来てよ!!
平日だけど、来なさい!!
絶対に最高の一日にするから!!
バッチコイ平日っ!!





_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3096.JPG
青森に集まってくれたみんな、ありがとございました!!

↑このページのトップへ