月別アーカイブ / 2016年12月

FzZHub1hka.jpg
今朝、我が家のリビングは13.9℃だった。暖房を入れる前というわけでもなく、電気を止められてるわけでもなく、罰ゲームでもない。

暖房が嫌いというか苦手な一家なので、いつもこんな感じだ。寒ければ各自で防寒対策すればよい。ちなみに私はダウンジャケットを着込んでテレビを見ている。

会社もあまり暖房をつけないので、女性社員はいつも寒そうにしている。これもパワハラだろうか?すまぬ。暑がりくまさんを許しておくれ。

それでは聴いてください♬


ーーーーーーーーーーーー
TRくま/寒い朝だけど
ーーーーーーーーーーーー

寒い朝だけど 暖房つけない

どんな着込んでも きっと寒いけど

エアコンつけないで 厚い服に託すよ

せめて!コタツ欲しい変わらぬ湿度を





jPsbLwH2_s.jpg
NIKKAプレミアムブレンデッドウイスキー 500,000円

ここまでくると価格なんてあってないようなものだ。

俺氏はシングルモルト派だが、500,000円という価格を見せられて黙ってるわけにはいかない。

山崎ノンエイジ 125本分
山崎12年 42本分
山崎18年 11本分 
山崎25年 1.5本分

そう考えると安いものだ。

俺のサンタへ。

来年ください。


今週は贅沢三昧、グルメ三昧な1週間だった。海原雄山は年中こんな思いをしているのかと思うと腹立たしいが、味わいが舌から消えてしまう前にブログに書き記しておこうと思う。

もしかしたら、あなたに不快な思いをさせてしまうかもしれないが、これはノンフィクションだ。先にお詫び申し上げます。

月曜銀座うかい亭」
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3336.JPG
言わずと知れた高級鉄板焼き。数多の調度品をしつらえた重厚な店内も有名だ。初見参につき、名物「鮑焼き」を楽しみにしていたのだが

この大ぶりアワビ様が…
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3338.JPG

塩釜にお入りになり…
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3340.JPG

妖艶な姿でお出ましになりました。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3341.JPG

素材命の鉄板焼き。正直、このクラスの店になると味を外すことはないのだが、接客レベルが史上最高得点330.44を記録。とても充実した時間を過ごすことができた。

お酒込みで1人30,000円ちょい。おいしゅうございました。



火曜「金高田 草」
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3355.JPG
渋谷セルリアンタワーの懐石料理。和食とは思えないモダンかつ開放的な空間が特徴だ。

酒飲みの2人は満腹になることを見越し、いわゆる松竹梅の「竹」をオーダー。初皿から甘味まで目を舌も楽しめたが、この二品がくま的にはスリーベースヒットだった。

鰤の粕汁
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3353.JPG

鴨そぼろ雑炊
JQNGckN0YP.jpg

いずれもあっさりした味付けながら、複雑かつ深い味わいだった。ちなみに鰤はブリと読む。

金高田 草(こっちの方が読めない)。料理もさることながら、15mはありそうな天井高がおよそ窮屈とは無縁な心地よさを作り上げてくれた。

お酒込みで1人20,000円ちょい。ご馳走様でした。



木曜「ちゃんこ大翔龍」
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3369.JPG
ここは年に一度は訪れる冬の楽しみの1つ。男2人でも食べきれなかった塩ちゃんこ鍋。1人前でこのボリュームというから驚きだ。さすが、元力士のお店だけある。

仲居さんが手際よく並べてくれる。色合いもいい。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3371.JPG

この刺身盛りも見ていただきたい。白身だけで6種も楽しめるのだ。これは塩でいただくのが大人というもの。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3372.JPG

ちゃんこは出汁が効いており「違い」を感じられる逸品。刺身や白子といった海の幸は新潟ならではの新鮮さ。きっと来年も足を運ぶだろう。

お酒込みで1人8,000円ほど。新潟はお財布にも優しい。ご馳走様でした。



以上、贅沢三昧、たっぷり自慢させていただきました。

あらためてアワビ申し上げますm(_ _)m


↑このページのトップへ