納会ランチ「美登利寿司」をごちそうさましてから、わずか3時間後。二次会にチョイスしたのは「駒形どぜう」の渋谷店。これは渋い。

知らない人は知らないだろうし、知ってる人は知ってると思うが、浅草に本店を構える「どじょう鍋」の老舗だ。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3406.JPG
平らな鍋一面に敷きつめられた、ややグロテスクなどじょう。火をつけてグツグツしたらネギを投入。しんなりしたら食べごろだ。お好みで七味や山椒をどうぞ。

まったく泥臭さはなく、ほとんどタレの味という噂がなきにしもアラジンだが、身の柔らかさに驚くこと間違いなし。ちとイラッとする価格だが、一度は食べてみるといいかも。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3407.JPG
季節限定の「なまず鍋」。部位にもよるが、こちらはかなりのニオイ。臭みを愉しめる大人な人は食してみるといいだろう。


「駒形どぜう」の二次会。私のイメージでは、どじょうを肴に日本酒をチビチビやりながら1年間の思い出を語らうはずだった。。。

だが、しょっぱなからグレープフルーツサワーを頼むわ。臭いわ臭くないわ。後から参戦してきた輩に至っては、「川島さん、川島さん。このメニューの中に僕の食べたいものないっす」ときたもんだ。

次は「粋」がわかる人と来よう。


ちなみに、どじょうの後はイタリアン、カラオケとなだれ込み12時間耐久納会と化した。