滞在先のホテルで
カギを忘れて (部屋を) 出てきてしまって
もちろんそこはオートロックの部屋で

もう一度開けようとしても当然開かず。

朝食券だけ持って降りればいいや、と思ったところが原因だったわけだけど。

ということで、まずはロビーに下りて朝食券をレストランの人に渡し、和食を食べることに。

しかし、最近のホテルのレストランは、生卵とか出さないよなあ…半熟卵はあまり好きじゃないんだけど。普通に卵がけご飯がしたいだけなんだけど。

帰りにフロントによって、生瀬勝久似のホテルマンに「カギを忘れて出てきてしまったのですが…」と部屋から締め出されたことを伝えた。

何も聞かれなかったので、うる覚えの部屋番号「416だったと思います…」だけを伝えたら、生瀬勝久が「一緒に行きます」ということだったので、ついてきてもらうことになりました。

エレベーターで階数ボタンを押すときに「416ということは4階か…アレでも4を押した記憶がないな…2を押した記憶ならあるんだけど」という葛藤をよそに4階につき、416号室が (自分の記憶と) 同じような場所 (エレベーターからすぐのトコ) だったのでなにも疑いもせず。

生瀬勝久がマスターキーを使い「失礼しまーす」とドアを開けたらカギを指すトコにカギがあったので「ああ、あったあった。よかったよかった。」と思ったら次の瞬間、中にいたオッサンと真っ直ぐに目があってしまった…。

生瀬勝久は静かにドアを閉め、ふたりで?マークの表情をしてしばらく沈黙し、記憶を辿り「あ、2階かも知れないですね…」と伝えたんですが、もうそのときには明らかに不審者になってしまっていて全然信用してもらえてなくて。

エレベーター横にあった電話で生瀬勝久がフロントに確認をして、名前を聞かれたので名前を伝え、216ということがわかり、2階に行くことになり。

いま無事に216に戻ったところです。

テレビ観てるオッサンじゃなくて、着替え中の女性だったら捕まってたな… (汗)。

フロントでカギを忘れたと伝えたときに、部屋番号と名前を確認したらよかったやん、生瀬勝久!


歩くリズムが自分のリズムらしい
話すテンポも自分のテンポになるだろう
息づかいはその源になるだろう

こないだコーヒー屋にいったとき、近くから「ムーンムーン…」といった音が響いていた。

しばらく経ってもその音は止まないので、どこから出ているんだろうと興味本位で店の中をキョロキョロしてたら。

なんのことはない、人が電話の相手越しに相づちを打ってるだけだった…。

年を召した女性の方だったが、声が低く相づちを打つのが得意らしい。ずっと「ムンムン」言ってる。こちらからしたら、その相づちだけでモールス信号が打てるくらいだ。

きっとその方は、そういう環境やそういう親御さんのまわりで育ったに違いない。

ボクの世代は誰しも経験したと思うが、電話をかけたときに切るタイミングというのが難しかった。話すというのはある意味リズムとリズムのセッションだ。

そういうこともあり、自分が相づちをどうしてるのか気になった。心臓の鼓動や息づかい、話すテンポや歩くスピードまでいたるところに自分のリズムがある。

自分リズムがどういうものか探ってみたくなった。

新しくできた店を横目に見て歩いていたら
目の前の女が怪訝そうな顔でこちらを振り返った。
ん?

きっとストーカーか何かと思ったのだろう…
ずっとその女を見ていたと勘違いしたのではないだろうか…

だがしかし、

全く (その女がいることに) 気づいていなかった…。

単に新しそうな店を遠目にして、歩きながら見ていただけなのだが、運悪くボクとその店との間に、その女がいたらしい

全く気づいていなかった…。

アウトオブ眼中とはまさにこのことだ。

↑このページのトップへ