月別アーカイブ / 2016年11月

今週は天気が悪かったりでなかなか乗れず、ようやく泉にあるあさひ自転車にロードを点検に持って行くことができました。
泉のあさひ自転車はスポーツ自転車に特化した店舗らしく、品揃えは豊富とまではいきませんが店員さんがロード愛あるれる方ばかりで、購入するときも色々と親切丁寧に教えてもらいました。

仙台駅から出発して国道45号線を東に進み、国道4号線に入り、あさひ自転車まで約10キロちょっと。

ところで、何の理由もなく泉までやってきたわけではありません。

お目当はこちら。
ga4gQl5o5i.jpg
泉中央にあるラーメン屋「たいらん」のウーシャン焼きそばです。
茄子と豚肉のピリ辛あんかけなのですが、麺が独特の謎のボソボソ感がいい感じにあんかけを吸い込んでおいしくなります。
ずっとあんかけが苦手だった私は、ここでこのウーシャンを食べてあんかけの概念が変わりました。

jb0oKhKzYr.jpg
今回は泉中央の本店に来ましたが、仙台駅の大塚家具の入ったビルの1階にもあります。

外食は成人男性が満足する量を出すようにしてるそうで、女性にとっては量が多いと感じることがよくあるそうです。
しかし、たいらんのウーシャン焼きそばは絶対に女性の腹8分目の量だと思うんです。
いつも食べ終わった後に圧倒的な物足りなさを感じてしまいます。
ただ、どちらかと言えば、あまりに美味しすぎていくら食べても満足できないのでは?という状態が正しいのかもしれません。
何回か通っていると、ウーシャン大王という5人前にチャレンジすることができます。

私が宮城県内で最も愛するラーメン屋さんです。

帰りはそのまま家まで自転車で帰りました。
家までは結構な登りがあるため、毎回「やっぱ車で行けばよかった」なんて思う瞬間もあるのですが、いつもよりちょっと重いギアで登れたり、足をつかずにのぼりきれるとなんだか嬉しくてまたのぼりたくなってしまいます。

初夏には蔵王エコーラインにチャレンジしたい目標。

本日のリザルト
7rA00QQ2_K.jpg

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1443.PNG
気になっていたおしゃれなカフェに行こうとしたら定休日でした。
昨日はとても寒かったのでインドカレーのお店にランチに行くことにしました。
そこで隣の隣の隣の隣の…隣の銀河にも感じる遠い隣に座ったメガネ男子が大きなぼんぼんをつけたニット帽をかぶっていました。
とてもかわいかったです。
ナンをおかわりしていたところもかわいかったです。

d0NMq67VW1.jpg
サモサというタイ、インド、ベトナム等のアジア系料理を出しているお店にいきました。
ここならタイカレーでもインドカレーでもフォーでも好きなものを選べます。
そしてやすい。
レディースランチはサラダ、カレー二種類とドリンク付きで920円。ナンはおかわり自由です。

食べる前は「3枚くらいは食ってやる!」と意気込んでいるのに、1枚食べ終わる頃になると満足してしまう時、自分の乙女らしさを感じました。
決して近くの席にメガネ男子がいたから乙女ぶっておかわりを遠慮したわけではありません。決して、断じて、そうではありません。

vNqK7flozw.jpg

これは仙台にある老舗の和菓子屋さん、玉澤総本店のいちご大福です。
この中にいちごが入っています。いちごが。
いちご大福と言えば甘酸っぱいいちごと甘いあんこのハーモニーですが、これはいちごがとても甘くてあんこは甘さ控えめというヘブンズドアーです。

kKA0w8NXrO.jpg
私は11月頭にロードバイクをはじめて買いました。まだ一ヶ月も乗ってません。

高校生の頃、急勾配で距離の長い坂道をママチャリでのぼり通学していました。
「車はいいよなぁ…」と坂道をすいすいのぼる車や原付に嫉妬してヒイコラしていたのに、今は坂道をのぼるととても気分がよいです。
ロードバイクで坂道をのぼると楽しいって、すごく不思議なことだなと思いました。

でもこれが、部活なんかで先輩や先生に「あの坂道を登れ!」と強いられたら「えー…嫌だなぁ…」となるのかもしれません。
仕事だからのぼれ!って言われても、嫌になる気がしました。

あくまで自分の意思で、のぼるもくだるも自由な中で「のぼる」と決めたからこそ、しんどいと感じても楽しめるのかなと思います。

坂道をのぼることが義務になったとたん、楽しくなくなる気がしました。
嫌でも坂道をのぼらなきゃいけないなら、車でいきまーす。みたいな。

私の自転車の好きなところは、自分の意思で、好きなペースで、好きな場所にいけるから。
高校生から大人になり車という選択肢もある中で、自分の意思で自転車を選んで走るからしんどい坂道も楽しめるのかもしれません。

今は子育て中でなかなかひとりで遠出はできないけれど、いつか旅行しながら長距離を走ってみたいなと思います。

↑このページのトップへ