月別アーカイブ / 2016年05月

f:id:kaishaku01:20160531234137j:image


 


見下されたいと、思います。


パンケーキをごちそうされて「俺が与えた餌にがっついてやがる。もっと太れデブ。」って思われたい。


太るらせることで他の男の視線を集めないようにしたいという歪んだ愛を受け取る準備だけは万端です。


もう太っているし、痩せても他の男性の視線を集めることはできないから安心してほしいな。


f:id:kaishaku01:20160526154655j:image


 


これがNINJESUSだ。


ニンジャとジーザス。


あわせてニンジーザス。


 


海外に住む妹が誕生日に贈ってくれたTシャツで、手持ちでは一番カッコイイTシャツ。


カッコイイことする時のためのTシャツ。


 


NINJESUSの文字がなかったら、だいぶヒゲのもっさりしたオッサン忍者が敵らしき忍者を蹴散らしているように見えるけどこれは神であり忍者であり、それがNINJESUSである。よく見れば後光がさしている。


 


ブラジルに住むmathioleさんというイラストレーターの方の作品です。


Mathiole | The Art of Matheus Lopes


www.threadless.com


 


NINJESUSよりカッコイイTシャツがあったら教えてください。


 


nlab.itmedia.co.jp


 


使ってないから解らないけど、弁護士にアプリから相談できるというのが素晴らしい機能だと思います。作成した方々の営業努力にも情熱を感じました。


 


私は今年の3月いっぱいをもって会社勤めを辞めました。今は家でイラストや漫画家さんのアシスタントの仕事をして暮らしています。


私が会社を辞めた理由は色々あるけれど、私はただ、まじめに、ふつうに働きたいだけでした。


 


新卒で就職をしてから9回転職したのは、私が会社を嫌になってしまっただけのことです。


ただそのうち、残業代を働いた分だけちゃんと支払ってくれる会社は2社しかありませんでした。


そもそもブラックな所にしか入れないのは、私が低学歴で能無しだからだろうと考え、ブラック企業ながらも東証一部上場の企業に入り色々学んで自分なりに成長して、今度はホワイトだろうと思った大手に転職することができました。


でも、その大手も残業代はまともに払ってくれないところでした。


 


私はただただ、まじめに、ふつうに、働きたい。


雇用契約書で締結した分のお給料くらいはちゃんといただきたい。


あと残業代は出さねーが、(大雪等交通機関の乱れのため等で)遅刻したらその分時給換算して給料から引くぞさもなくば有給を使えっていうのは何を言っているのかわからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった。


 


残業だって好んでやりたいわけじゃない。普段は定時帰宅できるよう努めているのに、それはそれで「あの人はいつも早く帰る」と陰口を言われてしまうのも変ではありませんか。


さすがにアラフォーともなると、残業代がもらえないことへの不満を自ら見つけ出した「やりがい」や「かいしゃのいいところ」で埋めようとすることには疲れ果てました。私はお金がほしくて会社に行ってるんだ。


 


今更自分の学歴も職歴も変えられないし、いい会社に入りたいと思っても難しいだろうなと思ったから、ひとりで稼げるように頑張ってみようと思いました。


 


家で仕事をしていると、自分がやった分だけきっちりお給料をいただけるし、頑張った分だけちゃんと評価してもらえるのでとてもやりがいを感じています。


 


私はこういうふうに、ふつうに、まじめに働いたことが当たり前に報われる世界であってほしい。


 


 


kaishaku01.hatenablog.com


 


kaishaku01.hatenablog.com


 


↑このページのトップへ