たまには

美容のこと書きますね。


最近、
セルフヘアアレンジの動画、
インスタ、ブログほんとに
多いですよね。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0288.JPG

街を歩いていて、プロから見ても
「あの子上手にやってるな」って子います。

そんな
ヘアアレンジをしている子たちを
見ては、

「自分はなんて不器用なんだろう。」
「写真みたいに可愛くならない。」
などチャレンジして、失敗して挫折している迷える子羊ちゃんたちが多いです。

また、
結婚式の2次会や
最近多い1.5次会などの
カジュアルなパーティだから
自分でヘアセットしようとして、
やっぱり出来なくて急いで
お店に予約することになったり。

セルフアレンジ
あるあるネタ。


簡単に言ってしまうと
自分でやるのは
結構難しいです。


自分で上手に
ヘアアレンジが出来る子と
できない子の違い。

大きな違いは、
髪質です。

今どきのゆるいふんわりルーズな髪質に向いている髪質は、以下の通り。

・髪が柔らかい
(ダメージヘアの方は比較的柔らかくなります)
・ボリュームが出やすい
・毛量は普通より少し多め
・アイロンによる
    巻き髪の巻きが取れにくい
・割れグセが付きにくい

あとは、
髪を乾かす際のブローの仕方も
ポイント。

結構多いのが、
頭を洗ったら、キッチリ髪の毛の
分け目をつけて乾かす人。



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0284.JPG

それ、割れグセがついて、
トップにボリュームが出にくくなり、
アレンジしても真ん中からパカッと
割れてしまう原因に。

 

乾かすときは、
分け目を付けずにある程度
湿り気がなくなるまでは
髪を全部後ろにオールバックにしたり
後ろの髪を全部前に持ってきたり
などして色んな方向から乾かすのが
正解。



そんなこんなで
セルフヘアアレンジをするには、
色々なポイントが必要です。

美容師やヘアメイクを仕事にしている人間は、そういうのを考慮して、
ホットカラーを使ったり
巻きの強さを変えて見たり、
頭の形に合わせて作ります。

また、素人にはなかなか難しい
ピン打ちなどのハードルも
プロだからこそできるもの。



だから、
「セルフヘアアレンジが出来ない 泣」と、自分の不器用さを恨み、
出来ないことを悔やむ必要は
全くありません。

あなたはなんにも悪くないんです。



こういうときは、
素直にプロに任せましょう。

その為に私達はいるのですから!



ただ、もし、
絶対に自分でやりたいという方は、
以下を試して見てください。

・ヘアアレンジをする前日の朝
または、昼くらいに髪を洗ったら、
夜は洗わずにそのまま朝を迎えて
ヘアアレンジをすると油分で髪がまとまりやすくなる。

・髪を乾かすときは色んな方向から乾かして分け目を付けないようにする。


・仕事で結ぶ場合は、
スタイリング剤を付けずに手ぐしでオールバックにゆるく結びか、サイドにゆるく結ぶ。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0286.JPG
参考写真サイト:https://goo.gl/images/SvBR10

・ゴムなどの結びグセがつかないシュシュなどでまとめる。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0290.JPG
参考写真サイト:https://goo.gl/images/EecnWW



・夜寝るときは雑に髪を2つに分けて
三つ編みをする。
(しっかり分けてしまうと分け目が出来てしまうので、あくまで、雑に。適当に。下手くそに。)


※上記はセルフヘアアレンジをする場合ですので、セットサロンに行く前は前日の夜か朝しっかり洗って、きちんと乾かしてくださいね。








「それでも出来ない。」
「やっぱり私には無理だった。」と
無駄に傷つく前にこちらで
マンツーマン
ヘアアレンジレッスンしてます。
宣伝です!↓


ハテナブログ
※記事に同じタイトルがあります。
内容は少し変えてます。
是非、お見知り置きを。