月別アーカイブ / 2016年08月

昨日、長男(5歳)のサッカーの大会がありました。




そこで、ちょっと衝撃を受けたことがありました。







うちのチーム(特に長男)は、いつも自由で

コーチの話をあまりきけないし

ふざけたり走り回ったりしてコーチに怒られるし

毎週サッカーをほとんどしていません。





まだ幼稚園生だし、正直、お友達がいるから行っているようなものでした。



私も、サッカーをするには時期が早いんだろうと思っていたし、

楽しければいいと思っていたから

「幼稚園生なんてこんなもんだろう」

「真剣にやるのは、小学2年生ぐらいからかな」

とか、勝手に決めつけていて、

特に頑張らせることをしてきませんでした。








そして一試合目から衝撃を受けることになりました。



これが、第一試合の前の作戦タイム。



一見整列しているように見えますが

青のユニフォームは相手チーム。




長男のチームは、手前に黄色いビブスをつけた子がひとり。




長男の「おしっこー」やら、

走り回ってるやらで、

なかなか集まらない。






どのチームよりもふんわり(良く言えば)しており

ルールもよく知らずオウンゴールの嵐。

案の定、全ての試合にぼろ負け。









ここで、今までの自分が間違っていたことに気づきました。









私は「お友達と仲良くできれば、負けてもいい」と思っていました。



そして、長男にもそう伝えていました。


でも、それって彼にとってかわいそうなことをしていたんだと気づきました。






どのチームの子供たちも

一生懸命ボールを追いかけ

ゴールが決まったら飛び上がって喜び

負けてしまったら泣いて悔しがる。





「幼稚園児だから」と私が勝手に諦めていた

「スポーツに打ち込む」ということを

他のチームの彼らはもう、やっていました。




「幼稚園生だからまだ早い」とかではなく。





私が言ってきた「負けてもいいよ、お友達と仲良くしなさい」

は、サッカーをすることに対して


勝ちたい気持ちを生むこと、
負けたら悔しいと思うこと、
だから努力しようと思うこと、
すなわち上手くなること、
一緒に頑張った上で生まれる友達との絆、


全てを

奪っていたのかもしれません。






他のチームの親の応援をみると

熱心さ、親の頑張り、子供にかける気持ち

全てにおいて、反省することばかりでした。








もちろん「負けてもいい」かもしれない。



だけど、それは

「日頃努力をして、勝ちたいと思って試合に臨んだ上で」

だということを

教えてあげなければいけませんでした。






この大会が「お友達と仲良くふざけっこすればいいんだ」

ではなく

「今まで仲間とやってきたことを出しきるぞ」

と思えるように。











毎週の土曜日の練習は、お父さんが多い中

いつも私一人で、次男も連れてサッカーの練習にいくのがおっくうで

動きまわる次男を制御し続け

練習中の長男のことは、怒られていても
あまり見てあげられていなかったように思います。












私は、自分がいっぱいいっぱいで大変だから

「負けたっていい、楽しければいいよ」

って言ってたのかもしれないな。





努力をさせないようにして

長男の足をひっぱっていたんだな。









子育ても手探りですが

日々気がつくことがたくさんあって

その都度修正しながらやっています。





今回もとてもとても勉強になりました。










ちなみに


うちのチームでも
毎週のサッカーで一番頑張る年少さんは
得点を決めて、表彰されていました!



おめでとう!!



そっか!

チームは関係なく、努力は実るんだ!

教えてくれてありがとう!!







そしてくじ引きでは
なぜか次男が1等をとり
無洗米を1キロももらいました\(^o^)/


助かるわあー!!






2等もうちのチームの子が(*^^*)






今回はサッカー以外で活躍してしまいましたが

次はサッカーを「頑張る」ことの楽しさを

ちゃんと教えてあげたいと思いました。






今回、他のチームの選手や親に感謝をしたし、

私にとっても本当にいい経験になりました。







頑張ることって

大事なんだった!!!!






そんなお話。








では行ってきます!!!


今日は、長男のサッカー(*^^*)





のハズが。。。。




やっていませんでした。


雨が降るかもしれないから

中止になったそうな。





いつも確認しないで

猪突猛進してしまう母ちゃんを

特に責めることもなく

長男は「あーあ、ボールけりたかったなあ」






次男は
「ボ!(ボールのこと)
たい!(欲しい!)

ボー!たい!」






ふたりともー

ごめんね。








でも、寂しげにグランドを見る長男のおしりに、

かわいいものをみつけました(*^^*)



まるでタヌキのような、しっぽみたいな枯れ葉(*^^*)



これを教えたら長男大喜びしてくれました(*^^*)





このあと、落ち葉や石を拾って

それはそれでなんとか楽しめて、帰宅(;・∀・)








さあ困ったね、

今日は何をしようかね!!







そういえば

いつ沖縄から帰ってきたんだろうって思うぐらい

ぬるっと現実に戻り

打ち合わせをいくつか。



今日から仕事です。




長男は

はじめてパパと二人でのお留守番に大喜び(*^^*)






まだ沖縄の写真みてにやけてるけど


頑張るぞい!

↑このページのトップへ